行田・湯本天然温泉  交通アクセス
行田市内地図
 茂美(もみ)の湯へのアクセス 周辺地図
茂美(もみ)の湯へのアクセス距離数・所要時間
市内循環バスをご利用の場合 「埼玉古墳公園前」で下車、徒歩3分
朝日バスをご利用の場合  吹上駅より「産業道路」下車徒歩15分
大駐車場完備 (500台収容) 大型バスの駐車場もございます
高速道路をご利用のお客様
東北道よりお越しのお客様は加須ICまたは羽生ICでおりて頂き、共に料金所を通り、右方向にお進みください。
関越道よりお越しのお客様は、東松山ICをおりて頂き、料金所を通り右方向にお進みください。
一般道を使ってお車でお越しのお客様
行田警察 行田消防署 埼玉(さきたま)古墳 古代蓮公園を目安にお越し下さい。
群馬方面からお越しのお客様は、昭和橋を渡って頂き
羽生市を通ってお越し頂くか、
或いは利根大堰を渡って埼玉県に入って頂ければ、
そのまま水路沿いに走って頂き約20分ほどで
その道沿い右側に当店が
 ございます。
カーナビをお使いのお客様は、電話番号検索で「048-555-2230」
ご入力して頂ければ、当店の場所が表示されると思います。
電車を使ってお越しのお客様
電車をご利用のお客様は「市内循環バス」か「朝日バス」をご利用下さい。(ご利用方法は上記にございます)

 もさく座無料送迎のご案内(要予約)
(迎え)11:30発 北鴻巣駅(東口)発 → もさく座行き
(送り)21:30発 もさく座発 → 北鴻巣駅(東口)行き

 ※送迎は、前日までの予約制です。(フロントまでお電話ください)
 ※休演日の送迎は、お休みさせていただきます
   
埼玉県名発祥の地、行田市さきたま古墳群を世界遺産に登録しよう!
『さきたま古墳群』は昭和13年8月に国の史跡として指定を受けました。
昭和42年3月さきたま古墳公園都市計画決定(30ha)、古墳公園としての整備がスタート。
昭和43年には『さきたま風土記の丘』建設に伴い稲荷山古墳一基を発掘調査し、鉄剣を発見しました。
その後昭和53年には鉄剣から銘文が発見され、昭和58年には副葬品と共に国宝に指定されました。
土地買収されながら、又、上田埼玉県知事が報道各社との懇談会の中でさきたま古墳群の世界遺産級の
価値を認めていながら、さきたま古墳公園の整備が遅々として進行していない事について、
「さきたま古墳群は、世界遺産に登録される価値がある」と、改めて公式の場で発言されました。
この発言を受けて行田市に於いて「さきたま古墳群を世界遺産に(登録しよう)!」と言う声が出始めました。
この素晴らしい『さきたま古墳群』を、是非世界遺産にしましょう。